何とかなるさ!30代転職活動記

空白期間4年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

30代後半短期アルバイト2週目の感想

30代後半のビール腹オッサンの短期アルバイトも2週目を完了。

業務自体に慣れつつありますが、体は疲労が溜ってきた感じです。

1日4時間、残業がある時はプラス1時間の半日程度の労働なんですけど、暑さも相まって結構辛いです。フルタイムの肉体労働で週5日とかだったら絶対に死んでいるなと思います。

やっぱり30代後半になると本当に体力自体も落ちるし、回復力も落ちるという感じがします。

某物流会社の職場の雰囲気

f:id:ko-knife:20170707174407j:plain

僕は自分から話しかけるタイプではないのですが、周りから話しかけられてちょくちょく挨拶するような関係の人も出てきました。

また、レギュラーメンバーとして働いているアルバイトさんも基本的に親切な方が多いです。

一方で社員はあまり関わらないので良いんですけど、あんまり良くないです。ワーワー怒鳴ってばっかりで、正直言ってうるせーよって感じ。忙しいし、色々トラブルは発生するわで大変なのはわかるんですけどね。

今はどこもかしこも非正規の人の頑張りで成り立っているなという感じではあります。

短期アルバイト始めてから他のことができていない

短期アルバイトの時間を1日4時間にしたのも、それ以外、つまり転職活動やそれに関連することをやるためだったんですけど、全く出来ていません。

アルバイト自体に慣れていないというのもあるんですけど、気持ちの切り替えがうまくないので、アルバイトがある日はアルバイトのことばっかり気になります。気にしたところで意味は無いんですけどね。

以前も書いたように手持ちのお金がほぼ無くて、短期アルバイトも短時間しか入れていないので、経済的には厳しい状況です。転職活動も9月には決まらないと借金生活突入です。

借金生活を送らないで済むように、短期アルバイト以外の行動も頑張っていきたいと思います。

30代後半無職が短期アルバイト開始しました

今週から短期アルバイトを開始しました。

夕方からの短時間勤務(4時間)なので大したことはないのですが、精神的には少しキテいます。全くのフリー生活から一応最低限の義務が発生したので、やっぱ少し面倒臭さは感じますね。(アラフォー無職が何言ってんだって感じですが。)

30代後半でも余裕で働ける短期アルバイト先は物流業界だ!

アルバイト先についてはゆくゆくは実名で書くかもしれませんが某物流会社です。

ネット通販で絶賛人不足業界なので、30代後半で無職のブランク有りでも余裕でアルバイトで雇ってくれます。この時期はお中元対応要因として募集しまくりです。

場合によっては正社員でも雇ってくれるんじゃないですかね。転職サイトでも正社員としてのオファーが来ていました。

そんな業界なので現場は殺伐としているというか、ものすごく適当な感じです。

研修のようなものでは散々彼らの言いたいことは言ってくるのですが、実際の仕事は空気見て自分で考えてねという感じです。

まあ、以前別の部署で働いたことがあるので、この会社がこんなものだということは分っていましたし、カリカリしても仕方が無いかなという感じです。僕も適当にやるだけなので、とりあえず腰を大切に頑張ります。

f:id:ko-knife:20170629213125j:plain

30代後半無職が短期アルバイトする理由

前にも書いたように短期アルバイトをしたのは、就職活動をするだけのお金が無いというのもあるんですが、他にも理由があります。

一つはダイエット。

無職の間にぶくぶくと太ってしまい、とてもじゃないけど前職時代のスーツが着られない。なので夏の暑さも利用して5キロほど痩せたいなと思います。

もう一つはリハビリ。

多分、無職で引きこもり状態の生活が続いているので、受け答えとかも少しトロくなっているのでは?と思いますし、フルタイムの仕事に即対応できないのではないかと思うんですよね。なので、そのリハビリも兼ねています。

他には嫌らしい意味ではなく、男女問わず有意義な出会いがあれば良いなと思っていますが、これは期待していません。

ということで2ヶ月間頑張るぞ!

 

 

ブラック企業が存在するのは過渡期だからなのかもしれない

転職サイトに適当に登録しただけでも、ブラック企業ランキング(by2ch)のランカー企業からどんどんオファーが来る。当然、僕もブラックだとわかっているのでスルーする。

2chのブラック企業ランキングは10年以上前に僕が就職活動した時にもあったと思う。その当時は何となく光通信系のビジネスフォン、複合機(FAXとコピー機)の営業なんかが結構ランクインしていたような気がする。(ちなみに僕が新卒で就職した企業はビジネスフォン販売代理店というブラック企業だったw地方の小さな企業なので、情報が無くて就職したけど、現在は倒産したらしい。)

今は時代が変わってIT系の派遣、いわゆるIT土方が多いみたい。

ブラック企業スタイルの経営って損じゃないの?

経営に疎い僕なんかはブラックな労働を従業員に強いて、すぐ辞めて悪評も拡がっていくようなことをして、転職エージェントや転職サイトに多額の金を支払って募集するのって損じゃないの?って思ってしまう。

だってブラック企業で有名なところなんて年中至るところで募集しているし、その広告費はバカにならないだろう。

そして、若い子達は当然ネットネイティブな世代なので、ブラック企業情報にアクセスするだろうし、今後本当に人が集まらなくなるんじゃないかと思う。

ブラック企業はゆとり世代が駆逐する?

僕らの世代(30代後半)はネットに疎い奴がまだまだ多いけど、ゆとり世代なんかはネットに詳しい人達、もしくはネットに馴染んでいる人達がが大半だろう。

こういった世代の人達はブラック企業をちゃんと避ける人が上の世代より増えてきたんじゃないかと思う。

彼らより下の世代はいわずもがな。

ということは結果的に、彼らがブラック企業を間接的に倒してくれるのかもしれないと思っている。頑張れ若者!

f:id:ko-knife:20170623221658j:plain

僕の唯一の資産であるカルビーのピザポテト。品薄になる前に仕入れておいたけど、子供の頃からの好物なので売るのはもったいないし食べます。

そういえばカルビーは従業員を大切にするホワイト企業らしいですね。そんな企業に入りたい。

あと、このまえエスニカンという名前を聞いて、懐かしさに悶絶しそうになりました。カルビー再販売してくれー。

30代後半にもなって実家住まいが恥ずかしい

日課の散歩で外に出ようとしたときに、ちょうどマンションの隣の旦那さんと一緒になった。

こんにちわ

と挨拶を交わしたものの気まずい。お隣さんとは仲が良いわけではないし、30代後半にもなって実家で親のすねをかじっているのもバレているだろうし、会いたくない。

というかさっさと実家を出たい。

f:id:ko-knife:20170622211400j:plain

写真は金網の向こうを去っていくネコさん。ちなみに僕はネコ派ではなく犬派です。

30歳になった頃は実家に住んでいることは気にしてなかった

正直言って働いていた頃は実家で住んで、金を入れているのだからお互いWin-Winの関係だと思っていた。

しかし、一度期間従業員として実家を数ヶ月出た時があって、その時に母が喜んでいたような節があった。まぁ、少しばかりのお金を入れているとはいえ、飯を食わせ、洗濯をして貰っているので、それがやっぱり負担なのだろう。母親業はそろそろ引退したいだろうしね。

また、自分も無職になって家から出ないようになると、急にご近所さんの目が気になりだして外出する際に誰にも会わないように願うようになった。

そんなこんなで今はさっさと就職して家を出たい。お金が掛かって、掃除、洗濯、料理をしないといけないが、そんなものはドンと来いだ。

実家を出るのに必要なのはお金!お金!お金!

就職したってよくて手取りが20万円ぐらいでしょう。それどころか手取りで17~8万円ということもありえます。

そのぐらいの給料だと生活が出来てもギリギリの生活になるでしょう。

僕には実家に返さないといけないお金もあるので、そんな給料じゃいつになったら家を出られるかわからない。

ということで本格的にネット副業に手を出そうかなと考え中。給料プラス10万円稼げれば、全く変わってくるんですよね。

ということでまずは書物で知識を仕入れようということで、こちらの本を購入しようか迷ってます。

金額は高いですが実績のある人みたいなので、購入しようかと考えています。

でも、僕って怠惰だから、なかなかやらないんですけどね……。うーん、迷う。

努力すれば出来ると信じていたあの頃~結局は持って生まれた才能次第

最近コカコーラの自販機にCoke on(コークオン)というアプリの広告を貼ってあるのを知っていますか?

Coke ON(コーク オン) - コカ・コーラの自販機がおトクに楽しくなるアプリ

基本的にはコカコーラの自販機で購入する際に、このアプリで自販機と通信するとスタンプカードの役割を果たし15本に1本無料になります。

f:id:ko-knife:20170621191605p:plain

それだけだと微妙なんですけど1本で2回分のスタンプが押されるキャンペーンやラインスタンプ、グッズプレゼント、ゲームなんかも提供されています。

f:id:ko-knife:20170621191639p:plain

暇つぶしも出来るし、出先でつい缶コーヒー買っちゃう人は入れておいて損は無いアプリだと思います。

さて、そんなコークオンアプリのキャンペーンで電子書籍1冊プレゼントキャンペーンを4月ぐらいにやっていました。それで貰ったのが、橘玲の「言ってはいけない」という本。

僕らは平等にできているわけではない

この社会にはきれいごとがあふれている。人間は誰しも平等で、努力すれば必ず報われ、〝見た目″はそれほど大した問題ではない――だが、それらは絵空事である。往々にして、努力は遺伝に勝てない。知能や学歴、年収、犯罪癖も例外ではなく、美人とブスの「美貌格差」は生涯で約3600万円もある。また、子育ての苦労や英才教育の多くは徒労に終わる……。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が次々と明かす「残酷すぎる真実」。読者諸氏、遺伝、見た目、教育、性に関する、口には出せない「不愉快な現実」を今こそ直視せよ!

この橘玲の「言ってはいけない」は2016年発売されベストセラーになっていて、その内容から物議というか炎上?しているようです。

アマゾンレビューを見るだけでも「専門家では無い作家が論文を都合よく切り貼りしただけのも」というものや、「事実を事実として受け止めるのが大事」というものがあったりと、読む人にとって「踏み絵」のような反応を生み出す面白い本です。

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)カスタマーレビュー

犯罪と心拍数の関係など読み物としても面白いので、一読されるのをお勧めします。

努力も才能、自分ができることに満足するのが一番

20代から30代に入ったころぐらいまで僕は随分長いこと「やればできる教」の信者でした。

僕がマッチョじゃなくて、お金も無くて、女にモテないのも、「やってない」からであって、「やればできる」と思っていた。なので昨日紹介したすごい実行力みたいな自己啓発本も一杯読んでいた。

しかし、30代も半ばに差し掛かった頃に不都合な真実に気がついた。

やれないのだ。

やれば今より少し良くなったりできるようになったりするかもしれないが、行動できないし、行動したとしても三日坊主で終わってしまう。

僕には努力する才能は無いとは言わないが、どうやらその才能は乏しいということにやっと気がついた。

それからは、自分が出来る範囲でやろうと考えるようになったし、それで満足すればいいじゃないと思うようになった。

残酷な真実を知ったって自分以外になるわけにはいかないのだから。

転職も人生も結局「運次第」じゃない?

自宅のオフィスチェアの座席が20年近い酷使によってボロボロで汚いので、せめて座席を石鹸で洗おうと思って洗ってみました。

まぁ、20年分の汗や皮脂やヤニなんかをスポンジが吸ってて、地獄のような汚れた水が出てましたが、とりあえず一通り洗って干しました。

そうすると昨日まで日差しが嘘のように曇り。なんだったら、涼しさを感じるぐらい。昨日まで晴れだったのに……。

転職も人生の幸、不幸もわりと運だと思っています。

何でそんなについてないの?って人生を歩む人もいれば、とんとん拍子に人生が進んでハッピーな人生を送る人もいる。

去年のお盆に小学校時代の同級生と飲んで、深夜に3人だけ残った時に給料の話になったのですが、一人は100万円、もう一人は50万円貰っていると言ってました。

30代後半では2人とも高給取りだと思いますが、社長令嬢を嫁に貰った玉の輿と親のコネで入社した奴らで、勉強はまぁ出来ないし、そもそもしていない。就職活動だってしていない。

それでも今は稼いでいる。嫁さんも子供もマイホームだってある。(2人とも親に買ってもらったそうです。)

僕も怠惰な学生でしたが、それでも彼らよりは勉強したし、真面目に学校に行っていました。今は彼らには社会人として完敗ですけどね。

人生も世の中も転職も運だと思う

昔からの幼馴染だし、彼らは嫌味な奴でも無いので別に嫉妬もありません。

それに僕は人生は運次第だと思っているので、彼らはラッキーだったなと思っています。

僕も幸運を引き当てたいですけど、まぁ不運を引かないぐらいで良いかなと。上を見ればキリがありませんしね。

f:id:ko-knife:20170620191628j:plain


そういえば以前、運について科学者が書いた本を読んだんですが、幸運な人ほど幸運にフォーカスして生きているそうです。

どういうことかというと、自分はツイてると思って常に行動したり、ラッキーだったことを振り返るそうです。

一方で不運な人は不運なこと、不幸なことばっかり考えているそうです。

僕も今ある幸せに目を向けて、俺はツイてるんだと思って生きていこうと思います。

正社員就職のための勉強や行動がとにかく苦痛でやりたくない

先週から正社員として就職するために、色々行動するつもりでした。

部屋が散かっていたので綺麗に掃除することや、履歴書職務経歴書の作成、資格の勉強などをやろうと思っていました。

昼過ぎには「よし、今からやるぞ!」と思うんですが……、手がつけられない。スマホ見たり、テレビでワイドショー見たりしている間にどんどん時間が過ぎている。

午後2時からしようと思ったら、午後3時になり、そして4時、5時、気づけば食事の時間。

やらなきゃ、やらなきゃと気持ちは焦るんですが、本当に手がつけられない。ご飯を食べて、気づけばもう夜中12時。申し訳程度に転職サイトを見たり、資格のテキストを開いてもすぐに寝てしまう。

そうしている間に1週間が過ぎました。私、気づきました。

「僕のゴーストが正社員就職のための行動を嫌がっている」のだと。

イヤだけどやらなければいけないことをどうするか?

そうはいってもお金も無いし、家に引きこもるのも苦痛なので正社員として働く必要があるのです。正社員としての就職に関連した行動が面倒でもやらなきゃいけないのです。

じゃあどうするのか?本棚を見てみると、このような本が見つかりました。

 

f:id:ko-knife:20170619140517j:plain

すごい実行力。行動科学マネジメントの第一人者の石田淳氏のベストセラー。

10年前に発行された本ですが、10年経っても僕が実行力を身につけていないのは、いわずもがな。

とりあえず今は読み返す気力も無いので、表紙の裏に書いてあった5か条を実践してみようと思います。

その5か条とは

  1. まず、「実行したメリット」を考える
  2. やらなければ「困ること」を書き出す
  3. 「できる人のやりかた」を一つ真似する
  4. 「好きなこと」は、後回しにしよう
  5. 目標を立てたら「人に宣言する」

ただ、やらなきゃと焦っていても絶対にやらないし、この5か条をためしにやってみて、先週より改善するか確認してみます。

ぼんやり焦るより効果はあるかな?