何とかなるさ!30代転職活動記

空白期間4年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

今年38歳、転職活動開始宣言

唐突だけど、とりあえず転職活動をしないといけない。

もう実家で引きこもるのは精神的に限界。ここ2年ほどは定期的に落ち込みの時期が来るし、家に居ると息が詰まる。そして、手持ちのお金も6月で尽きる。実家住まいだから死にはしないけど、家にお金を入れられなくなる。それはさすがに申し訳ない。

ということでレッツ転職活動なんだけど、ふと冷静に考えてみると僕は転職活動の仕方がよくわからない。サラリーマン時代に来ていたスーツで面接に行って良いのかとか、履歴書や職務経歴書なんかもよくわからない。

そもそも丸4年間、無職という空白期間もあるしね。

そんな状態からの転職活動記録をここにつけていこうと思う。

転職するよりどこかに逃げたい気持ちが一杯

実を言うと転職活動するのは気が重い。

学歴もないし、職歴も大したことはない。4年間も空白期間がある。こんな状態でどんな職に就けるのか、面接で何を話せば良いのかなど不安で一杯だ。僕を必要としてくれる会社なんてあるのだろうかとも思う。

ただ、まだ諦める年齢では無いと思うし、最近は景気も上向いているらしい。僕にも何かチャンスがあるかもしれない。

リングに上がる前のボクサーのような気分だけど、諦めずに就職を勝ち取るつもりだ。

まずは転職サイトに登録から始める

この週末はまずは転職サイトに登録してみることから始めてみる。とりあえず転職サイトでググって出てくるサイトには片っ端から登録する。

あと、出来れば図書館に出かけて転職に関する本でもチェックしようかなと思う。転職時のマナーというか、履歴書、面接等の最低限の知っておくべきことがあると思うしね。

他にも30代、40代で取っても転職で通用する資格とかも知りたいし。(ま、そんな甘い資格は無い、もしくは簡単に取れる資格じゃないのかもしれませんが……)

色々考えると胃液と不安が上がってきますが、まぁ今日は考えるのはこのぐらいにしておきます。何とかなるさ!