何とかなるさ!30代転職活動記

空白期間4年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

英語が話せれば職歴が無くても40代でも逆転できる?

週末は転職活動を忘れてというわけではなく、お酒を飲んで二日酔いのクソみたいな生活をしていました。無職にとってやってはいけない生活ですね。

ですが、そんな僕に幸運を授けるかもしれない本に出会いました。

f:id:ko-knife:20170522182306j:plain

40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法

というもの凄く長いタイトルの本です。

著者の春名久史さんは40歳を越えてもフリーター暮らし。2流大学(原文ママ)を中退して期間工や短期アルバイトでずっと食いつなぐものの、リーマンショック以降は景気の悪化、自身の年齢が30代後半になったこともあり、工場での仕事にありつけなくなってきます。

それでも生活していかなければならないので、着いた仕事が日給制の工事現場の警備員。日雇いなので収入は不安定(雨なら休み)だし、色んな人に屈辱的な扱いを受けます。

そこで一発逆転を掛けて英語の学習を開始します。そして、何と5週間の勉強でTOEIC930点のスコアを取り、通訳案内士の資格もとり今はツアーガイドとして幸せな生活を送っておられるそうです。

twitter.com

TOEICを受験することを決意!

この本を立ち読みして、自分の境遇と似ているものでグイグイ引き込まれました。あまりに長いこと立ち読みしていたので、店員が邪魔しに来るくらいに。

で、一旦店を出て、うーん英語かぁ。TOEIC何点て掛けると就職先の幅も広がるし、絶対に収入面、待遇面で変わってくるよななんて考えました。

そして、よし!僕もTOEICを受験すると決めて、本を買いに戻りました。

著者の春名さんのように一発でTOEIC900点オーバーは無理でも、じっくり取り組んでTOEICの点数を上げる価値はあると思います。だって、彼が英語の勉強をしたのは42歳ぐらいのはずですからね。(本の記述から推測)僕は30代後半、彼よりも少し時間があります。

次のTOEICの試験は7月にあります。そこまでちょっと頑張って履歴書に書ける点数(600点以上)をゲットし、その次以降で僕も900点オーバーを目指したいと思います。