何とかなるさ!30代転職活動記

空白期間4年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

30代後半の無職、フリーター、低スペックが転職活動がイヤになる理由

先日幼馴染と飲んできました。

彼は以前書いた、大学卒業後ずっとフリーターをしている友人とまた飲んだそうなんですが、またしても就職というか仕事の話で大喧嘩になってしまい、最後には彼が泣いて、悪意があって言ってるんじゃないと熱弁を振るうような状況になってしまたそうです。

30代、40代まで職歴なしの正社員就職は無理なの? - 何とかなるさ!30代転職活動記

そのフリーターの言い分としては、

  1. 正社員として働く方が良いのはわかっている
  2. でも、自分は正社員としての勤務実績が無い
  3. 今さら正社員の世界に行くには自信が無い

というもの。これに関しては僕もわかるなぁと思います。

転職活動で必要な経歴の薄さ(無さ)とそれを書面にする苦痛

転職活動って、立派なキャリアを積んでいる人なら余裕というか、履歴書、職務経歴書に書けることは一杯あると思います。

1年目は地方支店で実務を学んで、3年目からは本店勤務で云々とか、海外メーカーからの商品調達を担当し、実務的な海外との対応を経験している云々とかね。

f:id:ko-knife:20170717152119j:plain


でも、大手企業でも飲食店に就職してラーメンとチャーハンばっかり作ってたら、何て書けば良いのか困ってしまいます。

3年目より店舗のマネジメントを任され云々みたいなことを書きながらも、学生のアルバイトを適当に使ってきただけだしな~なんて考えてしまうものじゃないでしょうか。

経歴の薄さ(無さ)をごまかして、さもありそうに書面にするのは結構キツイ作業です。少なくとも僕や、上記のフリーターにとっては地獄の作業です。

でも、書面(履歴書・職務経歴書)をしっかり書けるかが人生の分かれ目

実は10年前に一度転職活動したことがあるんですが、その時にも僕は自信のキャリアの無さとかに苦労しつつも、でっち上げで履歴書、職務経歴書を書きました。

それが給料は安かったもののホワイト企業への就職に繋がったのだと思います。

一方で、僕と同じような経歴を歩みつつも、履歴書、職務経歴書をマジメに書き上げるのを面倒に思い、アルバイトレベルの履歴書で就職を希望した友人達はブラック企業、もしくはかなり待遇の悪い企業に就職することになりました。

僕と彼らを分けたのは経歴でもスペックでも無く、書面(履歴書・職務経歴書)だったと思います。

幼馴染の友人フリーターはどうなる?

10代の頃の友人で、20代、30代と付き合ってきたものの、人生がうまくいかなくなってしまい、連絡が取れなくなってしまう友人関係というのがあるらしいですね。

冒頭に書いた幼馴染の父親が話してくれたのですが、50代になり自営業がうまくいかなくなって連絡が取れなくなった親友がいるそうです。

父親曰く、一言相談して欲しかったと言っていました。親友は何も言わずにある日突然消えたそうです。

でも、これも面子を考えれば分る話だと思います。

今後のフリーターの考え方、身の振り方次第で幼馴染は父親と同じような経験をするのかなとふと考えていました。