何とかなるさ!30代転職活動記

空白期間4年、学歴なし、プチ欝からの転職活動記

どこに投票すればいい?投票マッチングサイトを使ってみた

何となく前回より盛り上がっている感のある2017年第48回衆議院議員総選挙ですが、国会を解散すると安倍首相が発表して以降はマスコミは希望の党の小池さんを追っかけてばっかりだったり、その後の民進党の意味の分らない分裂騒動ばかり取り上げていたり。

でも、僕は安倍さんは「国難突破解散」と言っていることの方が気になる。

国難突破解散ということは北朝鮮有事を想定していると思うのに、自民党からはあんまりそこはアナウンスはない。

危機を煽り過ぎないようにしているんだろうけど、本当はトランプ大統領から何か聞いてるのかな?と気になります。

どこに投票すればいいかをそろそろ考えないと

 

さて、僕の手元にも投票案内状が届きました。

そろそろどこに投票するかを考えないとなと思っているんですが、僕は特にどこそこの政党を支持しているわけではありません。

わりとその時の状況とか気分とか公約で変えています。

2009年第45回衆議院議員総選挙では民主党に入れましたし、その次は日本維新の会に入れました。

多分その時も何かネットの情報を元に判断したと思うんですが、最近は投票マッチング(ボートマッチング)という政党との相性診断を利用しています。

今回はどうするべということでまたやってみることにしました。

ヤフーみんなの政治の「政党との相性診断」をやってみた

seiji.yahoo.co.jp

 

f:id:ko-knife:20171015204542p:plain


ヤフーの政党との相性診断は10問の設問に対して5つの選択肢で回答していきます。

メリット、デメリットが提示してくれているので選びやすいし、質問自体も10問なので楽々回答できます。

 

f:id:ko-knife:20171015205218p:plain

わたしと一番相性度の高い政党は【日本のこころ(80%)】でした。

それ以外にも自民党、日本維新の会の考えが僕に近いようです。

 

f:id:ko-knife:20171015205654p:plain

また回答した10問についての各党のスタンスもわかるようになっています。

ヤフーの政党との相性診断は、シンプルでわかりやすいので、政治とかわからんという人でも使い易いと思います。

毎日新聞ボートマッチ衆院選えらぼーと2017をやってみた

vote.mainichi.jp

  

f:id:ko-knife:20171015215858p:plain

作りがシンプルです。

f:id:ko-knife:20171015220113p:plain

また、詳しく知りたいから各項目の説明を見ることができます。

f:id:ko-knife:20171015220542p:plain

25問の設問に答えたあとに、関心の高い質問3つを選びます。僕は憲法改正、アベノミクス、消費税率引き上げを選びました。

性別、年代、選挙区その他のアンケートに答えてマッチング完了。

f:id:ko-knife:20171015221052p:plain

ここでも日本のこころ、日本維新の会と合っているようです。

意外に幸福実現党とも結構近いようですが、さすがにエルカンターレだけはない!

f:id:ko-knife:20171015221437p:plain

政党とのマッチングの詳細、また自分の選挙区の候補者とのマッチング具合も表示してくれます。

幸福実現党の投票マッチング「あなたの彼氏はどこの政党?」

hc-party.com

幸福実現党による?まさかの乙女ゲー風投票マッチング。

とりあえず幸福実現党に誘導されるような気が……ゲフンゲフン(||′д `)o=3=3

f:id:ko-knife:20171020230017p:plain

投票マッチング結果と使うメリット

投票マッチングの結果、両サイトで日本のこころが一番合っているそうなのですが、小選挙区では彼らは僕の選挙区では出馬していないので、比例では日本のこころ、小選挙区では自民党か維新の党のどちらかにしようと思います。

まぁ主要な項目では考えがかなり一致している日本維新の会かなという感じ。

こういう投票マッチングサイトを使うことでわりとフラットに自分の意見と合う政党を選べるのが良いと思う。

政治を人が解説する場合、その人の立場によってバイアスがかかってしまうけれど(与党支持者なら与党の良いように解説したりね)、マッチングサイトの方はそれが少ないと思う。(無いとは言わない。設問の仕方で誘導もできるだろうしね。)

ということで投票マッチングサイトはおすすめです。

ちなみに日本政治.comの投票マッチングは2017年衆院選バージョンはやっていないようなので注意です。

投票マッチング - 日本政治.com